プリミアスクール > 保育内容

CONTENTS
保育内容

英語は世界共通語

1. 4~12歳の子ども達のために開発された英語教育カリキュラム「GrapeSEED」

英語話者が一日の生活で行う会話のほとんどは約800の英単語で成り立っています。その事実に着目し、独自に調査・確立させた語彙集をベースにデザインされたカリキュラムで授業を行い、実際に園生活のさまざまな場面で活用することにより、コミュニケーション能力が目覚しく向上します。
幼児には“生活の中で繰り返し触れる言語を自然に習得していく”特別な能力が備わっています。明泉はこの点に着目し、子ども達がよく経験すると思われる場面や状況のための表現を成長に合わせて段階的に導入しています。これによって、子ども達は母語(日本語)を習得するのと同じ感覚で、英語を楽しく自然に身につけていきます。


2. 美しい発音の習得

明泉では、英語を第2言語として習う子ども達に最適な「バーティカルフォニックス(Vertical Phonics)」を取り入れ、初めて出会う単語を90%の確実性を持って読むことができるスキルを習得します。年齢的な発展を考慮しながら文字・発音認識の学習を重ね、音素を聞き分けながら自分で正しく発音する練習をします。
続くフレンドクラブでは、幼稚園で築いた基礎の上にさらに発展的なフォニックスの学習を進め、みずからきれいな発音で会話するだけでなく、ほかの人の会話も正確に聞き取れるようになります。


3. 幼児を教える高い資質を持った教員たち

優れたカリキュラムも、それを正しく教える教員がいなくては効果が期待できません。明泉では、英語教育に携わる全教員が特別なトレーニングを受けて授業に臨んでいます。特に新任の場合は、1ヶ月以上にわたり実際の授業現場を見ながら入念なトレーニングを積んだ上で、クラスを受け持ちます。


4. カリキュラム開発

明泉の英語カリキュラムの開発には、これまで培ってきた教育法を活かすべく、明泉教師陣だけでなく、英語教育カリキュラム作成に長年携わっているハワード博士、ならびにアメリカで幼児教育の権威として活躍中のロレッタ・クーサック氏が加わっています。