幼稚園 > 英語保育の特色

ENGLISH CURRICULUM
英語保育の特色

明泉独自の英語教育プログラム

明泉学園では、創立以来50年あまりにわたって蓄積した英語教育のノウハウを土台とし、学習目標に下記3つの柱をすえた授業を展開しています。

  1. コミュニケーション能力の育成
  2. 発音スキルの向上
  3. 読み書きスキルの習得

幼稚園では、毎日40分の英語保育の中で、英語の言葉に含まれる“音”を聞き分けながら、 アルファベットの読み方・書き方を習得します。 また、会話の基礎となる正しい表現を暗唱し、楽しいストーリーや歌、ポエム、踊りなどを通して、表現能力を育成します。
そして卒園後に進むフレンドクラブでは、これらの力をさらに総合的に高め、実用的なコミュニケーションを可能にする英語力を培います。

写真:英語教育の様子

写真:ネイティブの先生とコミュニケーション

1. 4~12歳の子ども達のために開発された英語教育カリキュラム「GrapeSEED」

英語話者が一日の生活で行う会話のほとんどは約800の英単語で成り立っており、
幼児には“生活の中で繰り返し触れる言語を自然に習得していく”特別な能力が備わっています。明泉はこの点に着目し、子ども達がよく経験すると思われる場面や状況のための表現を成長に合わせて段階的に導入しています。これによって、子ども達は母語(日本語)を習得するのと同じ感覚で、英語を楽しく自然に身につけていきます。

2. 美しい発音の習得

明泉幼稚園では、年齢的な発展を考慮しながら文字・発音認識の学習を重ね、音素を聞き分けながら自分で正しく発音する練習をします。
続くフレンドクラブでは、幼稚園で築いた基礎の上にさらに発展的なフォニックスの学習を進め、みずからきれいな発音で会話するだけでなく、ほかの人の会話も正確に聞き取れるようになります。

3. 家庭との連携 ~REP学習~

授業で習う単語と表現を、“聞いてわかるようになる”生徒は数多くいます。 しかし、それらを“実際に話せるようになる”には、聞く回数をもっと増やすと同時に、 自分で実際に口を動かして何度も発音することが不可欠です。
園では、発音練習や読み書きを授業に取り入れると同時に、 短い時間でも毎日学習できる家庭用教材を開発し、子ども達が家庭でも英語に触れることのできる環境づくり(Repeated Exposure & Practice)を推進しています。
園とご家庭とが連携し、子ども達が英語に触れる時間を増やすことで、フレンドクラブ高学年ではCDを聞いてストーリーなどを書き取るDictation(書き取り) ができるようになり、中学校での英語学習にもつながる英語力、そして英語を聞いてそれに応答し、会話するスキルの習熟度がアップします。

4. 幼児を教える高い資質を持った教員たち

優れたカリキュラムも、それを正しく教える教員がいなくては効果が期待できません。明泉では、英語教育に携わる全教員が特別なトレーニングを受けて授業に臨んでいます。

写真:カリキュラム開発の様子