MeySen Donation 寄付の趣旨

地域で子供たちの未来を育み、
分かち合いのコミュニティを築く。

明泉らしい教育を子供たちに与えられるのは明泉の先生だけとは限りません。 皆さんの寄付は、明泉ならではの学びや成長になり、やがて子供たちの未来になっていきます。 子供たちの未来は地域の未来。 あなたの善意と希望はいつか偉業として後世に記憶されるでしょう。

フレンズ・スクエアのロゴ

明泉丸山幼稚園に新設されたフレンドリーな交友の場。
それが「丸山フレンズ・スクエア」です。

もっと読む

Away We Learnのロゴ

明泉に携わってくださる皆様とともにグローバルかつ地域に貢献できる人材を育ててまいります。

もっと読む

教育振興・環境整備資金

学習環境を整備・充実されることで、子供たちの学びと健やかな成長をサポートします。

もっと読む

ご支援のお願い

明泉学園理事長 ジャン・ブローマン

理事長
ジャン・ブローマン

みんなで実現する力を未来への贈り物に

 宮城明泉学園は、聖書の言葉を道しるべにこれまでずっと歩んでまいりました。55年前の第一歩から今日までくじけることなく進んで来られたのは、いつも一緒に道を切り開いてくれた地域の皆さんのおかげです。皆さんのまごころは明泉の教えとなり、また思い出となり、いまや総勢2万人を超える卒園生が分かち合っています。卒園生が大人になり、やがて地域社会の一員となって個性や能力を発揮していくことを考えれば、私たちは、皆さんからの恩に報いるためにも、この教育環境を進化させていかなければなりません。
 英語教育カリキュラムの独自開発も、バイリンガルを育成するプリミアスクールの開設も、そして幼児期の感性に毎日働きかける日本語保育(漢字、歌、運動等)も、どれも類例のないチャレンジでしたが、多くの理解と協力のおかげで目覚ましい成果を上げてきました。そして迎えた創立50周年。私たちは、明泉らしい教育づくり、環境づくりに地域の皆さんとともに取り組むことで、これを次の半世紀に向けた贈り物にしたいと考え、広く寄付を募ることにしました。その成果が、地域一体型留学支援プログラム「A Way We Learn」であり、明泉コミュニティの新たな拠点となる「フレンズ・スクエア」です。
 この寄付活動の先に私たちが見たのは、たくさんの共感によって誕生したまったく新しいパートナーシップでした。そして、寄付は単に資金を募るだけでなく、より大勢の意志と力をもって社会課題を解決し、さらに未来への投資となり得ることを学びました。宮城明泉学園では、子供たちの成長と地域の発展をともに喜びあう未来に向けて、これからも寄付募集を続けてまいりますので、より一層のご理解とご協力を賜りたくお願い申し上げます。

同窓会会長 佐藤 剛

同窓会 会長
佐藤 剛

いつか園庭で仰ぎ見た太陽のように

 私は2回生なので、開園当初の明泉の風景は自身の思い出として残っています。小さいけれども賑やかだったあの園舎も、遠く泉ヶ岳まで見渡せた広い園庭も、今は遠い記憶となりましたが、私にとっての明泉は少しも変わることなくここに受け継がれています。それは、私の原点であり、大切なコミュニティであり、そしていつでも温かく迎えてくれる心の故郷です。この思いは、多くの同窓生が共有する絆のようなものかもしれません。もしそうならば、私たち同窓生は、先々の世代の後輩たちとも一つの絆で結ばれていることになります。おそらくは、自分たちの明泉を同じく体験させてあげたいという思いもまた、未来にわたって受け継がれていくのでしょう。
 この寄付活動に参加することで、私たちは、明泉の変わらない素晴らしさを時代にマッチさせながら継続的に発展させていくことができます。いつか園庭で仰ぎ見た太陽のように、明泉の子供たちの笑顔を照らすことができます。あの頃のようにまた手をつなぎ合い、私たちのこの手から明泉の輪を広げていこうではありませんか。

明泉アンバサダーより

株式会社清月記 専務取締役 菅原 啓太さん

このバトンは、希望が循環する未来へと向かう。

子供たちの選択肢の幅を広げてあげるのは大人の重要な役目のひとつだと思います。とりわけ幼児期においては、その「心」に働きかけることで好奇心やチャレンジ精神、社交性といった感性が養われ、のちの人生における豊かな選択肢に繋がっていくのだと私は信じています。

株式会社清月記 専務取締役 菅原 啓太さん
赤坂建設株式会社 代表取締役 佐藤 渉さん 専務取締役 佐藤 貴さん

この明泉の輪も次世代に残していきたい。

私たち卒園生にとって明泉は「テーマパーク」のような場所でもあります。季節ごとの楽しいイベントやユニークな授業、起伏に飛んだ広大な園庭でのゲーム、友達との冒険、そしてたくさんの動物たち…等々、アトラクションでいっぱいの毎日は(当時はそれが当たり前だと思っていましたが)幸福な子供時代の思い出としていまだ鮮明に思い出されます。

赤坂建設株式会社 代表取締役 佐藤 渉さん
専務取締役 佐藤 貴さん
東和薬品宮城販売株式会社 代表取締役社長 齊藤 直樹さん

静かな信念と大いなる営みが交差する場所。

当社では社是「自分を活かし他にも利を与えよ」の実践として、海外医療チーム等への寄付を継続して行ってきました。私個人も国際NGOを通じて寄付支援を行っているのですが、国内に目を向けてみると日本も例外ではなく、時代のひずみが子供たちの今、そして未来に影を落としていることに気づかされます。

東和薬品宮城販売株式会社
代表取締役社長 齊藤 直樹さん

様々な方法でご寄付いただけます

宮城明泉学園では、個人情報の保護が人格の尊厳に由来する基本的要請であることを深く認識しております。2005年4月1日より「個人情報の保護に関する法律」が施行されましたが、法律を遵守し、個人情報を安全かつ適性に管理・運用することに努めます。

本学園は反社会的勢力と認められる個人・法人、団体からの寄付は受け入れず、受け入れ後に寄付者が反社会的勢力であることが判明した場合には返還いたします。なお、受け入れた寄付金については、上記の場合を除いて返還できませんのでご了承ください。

本学園では、寄付金は寄付者が任意に納めるものであると考えております。従って、寄付金の有無で入園の優遇や地位の取得、または入園を拒むことはありません。