Kindergarten よくある質問

よくある質問

入園について

教育方針、経営方針ともに違いはありません。所在地、スクールバスのコース、職員は異なります。

園児は、4月中に担任と園の敷地を歩いて境界線やルール(お約束)をきちんと確認します。
これまでそのお約束を守らなかったために、園外に出ていくことで、園児が事故にあったということはありません。

満3歳児の入園を希望される方には、面接を受けていただきます。 入園願書と満3歳児入園調査書を提出し、入園を希望する前月1日から20日までに、入園を希望する幼児とそのご両親が面接を受けてください。 なお、年少クラスの定員に空きがあるときのみ受け入れ可能です。

入園案内のページをご覧ください。

該当する学年に空きがあれば随時入園していただけます。お申し込みの時点で空きがない場合は、補欠登録をしていただき、空きが出たときに入園していただきます。

幼稚園の英語保育は、机の上での英語の学習ではなく、歌や踊り、手遊びなどを通して自然に英語を身につけていくよう考えられていますので、途中入園でも大丈夫です。

できるかぎり入園までにトレーニングしてください。なお、1~3ヶ月間はパンツ型オムツをはいて登園し、園でトレーニングを行うお子さんもいらっしゃいます。 お子様がデイケアご利用の際は、おむつ交換のための時間をほかの多くの子供達の保育にあてることができるよう、可能な限り入園前までにおむつをはずしてご利用ください。

入園までに、自分で着替えができるようにご家庭でも時間を見つけて教えていただきたいと思いますが、まだ不十分なお子様には入園後も担任がお手伝いします。

障害の有無によって入園の受け入れを判断することはございませんが、お子様が先生の話を理解し、当園の環境でのルールや境界線(※)を守って安全に過ごすことができることが、受け入れの基準となります。 また、園には特別支援担当の職員がおりますが、常に付き添うなどの加配対応は行っておりません。 ※ 境界線…園の敷地の境界を示す白線やチェーンなどの目印。 詳細は入園案内をご覧ください。

制服について

年少は制服がありません。お子さんの体型や体調、気候に合った服で通園させてください。

現在のところありません。

クラスの編成について

さまざまな条件のもとでクラスを編成するため、同じクラスになるお子さんを特定することはできませんが、親戚関係(兄弟や従妹など)は考慮してクラス編成を行っております。

兄弟関係は考慮できます。

スクールバスについて

スクールバスは入園する園児の居住地と人数をもとに毎年度設定されるコースで運行します。
特定のお家の前で停車することはできません。

給食について

園では給食、誕生会や行事の際のおやつ、デイケアでのおやつなどの食物を提供する機会がありますが、 食物アレルギーをお持ちで、それらの食物を摂取することができないお子様に関しましては、給食提供やお弁当持参について保護者の方と相談させていただきます。

誕生会や行事のおやつに関しましては、アレルギー対応の代替品を用意いたしますので、担任にご相談ください。

デイケアのおやつに関しましては、なるべくアレルギーのお子様も食べられるものを考慮いたしますが、 食べられない場合はご家庭よりおやつをお持ちください。

薬の投与について

園ではお子様に体調のすぐれている状態で登園をお願いしたいと考えておりますが、病気の回復期などに登園なさる際に、医師から処方された薬に限り、薬の投与をしております。

保護者の方には所定の用紙に必要事項を記載の上、担任にご提出いただき、担任がそれにもとづいてお子様に薬を投与いたします。

預かり保育について

現在、たくさんの園児がデイケア(預かり保育)を利用していますが、ご両親がお仕事をされていて勤務証明書を園に提出することができれば入園時に手続きをしていただき、受け入れております。